サーブはテニスのプレイの中で、唯一、最初から最後まで自分で可能なショットですね。他のショットであれば、相手の打球によってボールの威力も変化していきます。でも、サーブは相手に全く関係なく自分でコントロールが出来ます。サーブするだけで、得点が入る事さえもあるのです。この事からも、サーブか得意な人が試合に勝つ確率が高くなる理由がわかるのですね。まず、サーブで一番大切なのは、相手のコートにボールを入れる事です。なんだそういうことかと思われるかもしれませんが、相手のコートにボールが入らなければ何も始まりないのです。まずは、サーブを安定させる為にフォームを作りて下さい。フォームが安定していれば、それにともなって打球も安定してきます。なので、サーブのフォームを体が覚えこむまで、とにかくひたすらサーブの練習量を増やして下さい。また、サーブではトスもとても重要になります。トスをあげる位置がおかしければ、どれほど完璧なフォームだったとしても、そのサーブは失敗に終わるでしょう。トスはボールをよく見て、真上に上げるようにします。次に、ラケットを振り出す前に、体の重心を後ろから前に移動して、意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)を集中してボールに当てるようにラケットを振ります。打ち終わったら、ラケットの位置、ラケット面の角度に注意して、確認してみましょう。ラケットが途中で止まってはいませんか?リラックスしてラケットの重さを感じながら、振り抜く感じで左脇に来るまで振り切るのがサーブのポイントなのですー